間違ったスキンケアについて

こんにちは、主婦のミヨコです。

今回は、間違ったスキンケアについて詳しく確認していこうと思います。良かれと思ってやっていたスキンケアが逆に肌に悪影響を与えていたら大変ですよね。お肌の悩みを持っている人はまずチェックしたいところです(;^ω^)

一般に、スキンケア方法として良くないとされているのは、力を入れすぎていたり、回数の多すぎる洗顔です。肌は優しく洗ったほうが良いというのはもはやスキンケアの常識になっていますが、それでも汚れている気がするとついつい洗う時に力が入ってしまったりしますよね。ですが、しっかり洗顔料が泡立っていれば、泡が汚れを吸着してくれるので、力を入れなくても汚れを取り除くことができるんです。力を入れて汚れをこすり落とそうとしてしまうと、肌の角質層が傷ついてしまうので気を付けましょう。

また、朝晩洗顔料を付けてしっかり洗顔(クレンジング)しているなど、顔を洗う回数が多すぎるのも良くありません。肌の表面を覆っている皮脂などを必要以上に洗い落としてしまい、却ってお肌を刺激に弱い状態にしてしまうのです。

他にも、ピーリングやスクラブなどの刺激の強い化粧品を多用しているのも、肌にダメージを与えてしまうことになります。

肌には自浄作用がありますし、バリア機能も回復します。必要以上の洗顔やクレンジング、強力な石鹸の常用などは、肌が本来持っている力を発揮できなくしてしまうので、乾燥肌などで悩んでいる人はぜひ気を付けてみてください。

私も今まで以上に優しく洗顔するように気を付けます(*^^*)